2017年11月19日日曜日

韓氏意拳の自主稽古

私も韓氏意拳を始めたばかりのころはそうだったが、
「自分で稽古しなさいといわれても、稽古方法がわからない。やみくもにやっているけど、これでいいのかどうか不安だ」
とか、
「形体訓練や站椿の順番や名前がわからない。やってみてもこれでいいのかどうか曖昧だ」
といった悩みがある人がいる。

教練ではないので指導はできないが、教程内容や名前くらいは私にもお伝えできる。
稽古の手順や名前がわかっていると、ちょっとした手がかりになって、自主稽古もとっつきやすくなるような感じが私にはある。
そんな人には、自主稽古会に一度参加してもらえるといいかもしれない。

先日も国立春野亭での駒井先生による講習会で、先生が、
「だれかに伝えようとすると、自分がなにをわかっていて、なにがわかっていないのか、曖昧な点やクリアな部分が明確になって、自分の役にも立つので、どんどんやればいい」
とおっしゃっていた。
このことは韓氏意拳にかぎらず私も実感していることだ。

興味がある方は、春野亭でいつでも自主稽古会をやりますので、いっしょにやってみましょう。
気軽にお声がけください。
手順とか名前がある程度わかってくると、講習会に出るのも楽しくなってくる。

11月28日:韓氏意拳養生功講習会@国立
JR国立駅徒歩5分の会場にて駒井雅和中級教練による韓氏意拳養生功講習会を11月28日(火)19時半から21時まで、ショートクラスで開催します。

2017年11月18日土曜日

相手を「甘やかせる」「つけあがらせる」という心配

恋人だったり夫婦だったり、子どもだったり、部下や顧客だったり、さまざまなシチュエーションで起こることだが、
「ここで下手《したて》に出ると相手をつけあがらせてしまうかも」
と思ってしまうことがある。

共感的コミュニケーションの勉強会では、相手を責めたり、間違いを指摘するのではなく、ただ共感することをお勧めするのだが、一様に不安な顔になる人が多い。
そんなことしたら、相手はますます図に乗るのではないか、自分ばかり不利な立場になるのではないか、という不安に襲われてしまうらしいのだ。

実際にそのような感じになってしまうこともある。
相手には相手のニーズがあり、相手もそれを満たそうと懸命になっている。
しかし、そのニーズを満たす手段はいくつかあり、いま相手が必死にしがみついている方法でなくてもニーズは満たせるということに気づいてもらえれば、相手にも余裕が生まれ、「図に乗る」とか「傘にかかってくる」ように見える必死な態度は消えることが多い。

相手に共感し、尊重や思いやりをもって冷静に対応したとき、相手がもしつけあがったり図に乗ったりするように見えたとしたら、それはまだ相手が自分のニーズにつながっていないからだ。
こちらは相手に共感し、なにが必要なのか、なにを大切にしているのか、どんなニーズがあるのか、ただ聞いてやり、相手が自分自身につながるサポートを心がける。
すると相手は自分のニーズにつながり、なにが必要なのかに気づき、それを満たすためにどんなことができるのかに目を向けることができる。
もしそのとき、あなたのサポートが必要だったら相手はそのようにお願いしてくるだろうし、あなたにもしその気があればお願いに応えることもできる。
あるいは、必要なのはあなたのサポートではなく、なにか別の手段が有効であることに気づくかもしれない。

共感というのは、相手が自分自身のニーズに気づき、自立した選択や行動を取れるお手伝いをすることであって、図に乗ったりこちらへの依存を助長することではない。
そのような心配はまったく無用で、自分が相手から依存されたりパワーオーバーな態度を取られたくなかったら、必要なだけたっぷりと共感を浴びせればいいのだ。

NVCをベースにした共感的コミュニケーションの学びの場を水城ゆうが開催しています。オンライン参加も歓迎。11月は24(金)19時半から約2時間です。

2017年11月17日金曜日

豊田、各務原、福井、名古屋天白区

今日・11月17日(金)の夜に豊田入りして、翌18日(土)は「語人サヤ佳「語りの会」2017~お母さんを語る~」にサポートで出演する。
場所は豊田産業文化センター・小ホール。
13時半から。

サヤ佳ちゃんの語りに楽曲を提供しているほか、ピアノで共演する。
ほかにもサヤ佳ちゃんが代表をつとめるゆめぱレットという団体のメンバーの何人かも出演する予定で、その稽古に何度かお付き合いさせていただいた。
「お母さん」をテーマにしたお話や音楽が詰まった、楽しくもしんみりしたコンサートになるはずで、お近くの方はぜひいらしてほしいのだ。

この日は夜に各務原のカフェ〈花寧香〉に行って、共感カフェを19時から。
もともと参加枠は少人数だけど、今回も席が埋まりかけていて、残り枠はせいぜいあとおひとり。
興味がある方はどうぞお早めに。

花寧香共感カフェが終わったら、そのまま北陸の実家に移動。
実家では母がお世話になっている施設に行ったり、車の整備とタイヤを冬用に交換したり、雪囲いをしたり、実家音読カフェを開催したり、合間にオンラインでの個人セッションをおこなったり、そこそこ忙しい。

23日(木)には福井から名古屋に移動して、午後いっぱい、天白区の〈アロマファン〉でテキストライティングのワークショップを開催。
そのあと長野経由で東京もどり。
という明日から1週間のツアー予定。

猫ヘンタイ・猫好きの白狼澪さんが開いているかわいくて居心地のいいカフェで、オリジナルハーブティをいただきながら共感的コミュニケーション(NVC)について学びあいます。午後7時から約2時間。

水城ゆう( mizuki-u.com )が長年つちかってきた文章術、指導法に加えて、共感的コミュニケーションにもとづいた共感のプロセスも取りいれたユニークな方法を練習します。

『朗読の力』という本を

たくさん書きたいことがたまっていて大変なんだけど、また一冊、書いてみたい本ができた。
というより、すでに断片的にはメールマガジンやブログで書いていることなのだが、それをもうすこしまとまった形にしたくなっている。

タイトルが先に降ってきていて、『朗読の力』という。

2006年に特定非営利活動法人として現代朗読協会を立ちあげる以前から、私自身は朗読をやらないくせに朗読という表現行為についてかなり大きな可能性を感じていた。
自分では朗読しないかわりに、朗読演出という形で朗読者と関わりつづけ、またステージ表現を演出という立場で数多く試み、また音楽家・演奏者という立場でおなじステージに立って共演してきた。
その過程で「朗読の力」に気づき、年を重ねるごとにその可能性をますます確信するようになってきた。

「朗読」という表現は、さまざまな表現行為のなかでも特別な位置づけにある。
だれもがいますぐチャレンジできるその表現行為には、現代人にとって非常に重要で必要なことに気づき、獲得できる、特殊な有用性が秘められている。

このことをいまここで解説するつもりはない。
それは『朗読の力』のなかで明らかにするつもりだ。
また、きちんと順を追い、ある程度の質量のことばを重ねなければ、みなさんに納得してもらうのは難しいと思っている。
だから、一冊本を書きたくなっているのだ。

まあしかし、私や現代朗読家の野々宮卯妙がやっているゼミやワークショップに参加したことがある人なら、その一端は垣間見ておられるかもしれない。
ピンと来た方がいるかもしれない一方、まったくピンと来なかった人もいるだろう。
よくわからないままについてきてくれているうちに、おぼろげながら方向性が見えてくる人もいるだろう。
なんだか曖昧な話だが、なかなかひとことで説明するのが難しい、明快に言語化することが困難なことをやっているからだ。
といって、やっていることそのものは難解でもなんでもない。
ごくシンプルなことだ。

ようするに自分の身体、生命の働きをよく注視し、そこから生まれ出ずるいきいきとした脈動を「邪魔しない」ようにする、というだけの話だ。
難しくはないが、やってみればわかるとおり、ちょっとやっかいな面がある。
それは私たちが現代的な文明生活のなかで自分の生命活動を解きはなつ機会を失ってしまっていて、むしろそれを抑制し阻害する習慣ばかりを強固に身につけてしまっている、という理由による。

長々と書いたが、ようするに朗読という表現行為は、私たちが自分自身をひとつの生命体として生かしきるための練習の有効性がある、ということだ。
みなさん、いっしょに楽しみながらやってみましょう!

朗読や群読などの身体表現を用いていまこの瞬間の自分自身をのびやかに表現するための研究の場・現代朗読ゼミ、12月の開催は5(火)/7(木)/16(土)/21(木)/26(火)、いずれも10時半から約2時間。

2017年11月16日木曜日

あした農場の日本みつばちのお世話

あした農場に行って、日本みつばちの巣箱の内検と麦わら巻きをやってきた。
巣箱はみつばち部のものと、あした農場の渡辺さんちのものの2箱があって、いずれも順調に冬に向かっている。
渡辺さんちのほうはかなり勢いがあって、先月、採蜜した。
今回の内検でも、勢いは衰えておらず、このまま元気に冬越しをしてくれると思われる。
みつばち部のほうも勢いがないわけではなく、冬越しはたぶん大丈夫だろうと思われる。

みつばちはスズメバチなどとは違って、女王蜂を含む群全体で冬を越す習性があって、そのための貯蜜が必要になる。
冬のあいだも巣箱のなかは一定の温度に保たれ、冬眠しない。
天気のいい日は真冬でも蜜を集めに出かける。
ただ、冬場に花を咲かせる蜜源植物は少なく、そういう花はみつばちにとっては非常に貴重なものとなる。
蜜源が近所にない場合は、人工的に給餌してやる必要が出てくることもあるが、あした農場の2群についていえばその必要はないだろうと思われる。

巣箱のまわりにわらを巻いてやる。
保温してやらなくても乗りきってくれそうだが、少しでもみつばちの負担を軽くしてやれば、春になったときの勢いが違うだろう。

あした農場では麦も作っているので、稲わらよりも保温効果が高いらしい麦わらをいただいて、巣箱に巻いた。
このまま無事に冬越しして、春には女王蜂がたくさん卵を産んで、働き蜂がどんどん蜜と花粉を集めてきて、幼虫を育て、さなぎから成虫へとどんどん羽化していくことを期待したい。
すると雄蜂も生まれはじめ、女王蜂を育てるための王台が作られ、新女王が誕生したら旧女王は巣箱のなかの働き蜂を半分くらい引き連れて、巣分け(分封)のために出ていく。
新女王は結婚飛行を繰り返し、あたらしい群を育てていく。

みつばちの精緻な生態は本当に驚くばかりで、興味がつきない。
年内か年明けあたりに、報告会をかねてひさしぶりに BEE’s Cafe を開催したいと思っている。
興味のある方は仲間にどうぞ。

我がレンタル歴とネットコンテンツの巨流

LPレコードをレンタルする店ができたのは、1981年ごろのことだったと思う。
私はそのとき、京都に住んでいて、バンドマンのはしくれをやっていた。
バンドマンというくらいだから、大量の音楽を聴いていて、学生時代はレコードを買うお金がなかったからもっぱらラジオや、ラジカセで録音した(エアチェックといった)音楽をカセットテープで聴いていた。

自分で稼ぐようになると、レコードを買ったりもしたけれど、月に何枚か買えるかどうかで、レンタルレコード店ができたのはほんとうにありがたかった。
レンタル屋ではLP1枚が200円とか300円で借りることができて、それを家ですぐにテープにダビングして、ラジカセやステレオセットで聴く。
当時はまだカセットテープだったウォークマンで聴いたりもした。

そのあと、LPレコードはコンパクトディスク(CD)に取ってかわられていった。
CDウォーマンも出たけれど、私はそれは使わずに、MDウォークマンを愛用していた。
つまり、CDをMDにダビングして、それを聴いていたのだ。

レンタルビデオ店も爆発的に普及した。
ビデオも最初はVHSやベータ、あるいは光学(レーザー)ディスクであるLDなどが混在していたのだが、いつのまにかVHSばかりになり、やがてはDVDに取ってかわられた。

レンタル店は音楽とビデオを、それぞれCDとDVDで扱うようになっていって、いまはその状況がつづいている。
が、この状況も間もなく終焉を迎えるだろう。
というのも、私個人についていってみても、すでにレンタル店に足を運ぶことがなくなって久しいからだ。

いまは音楽もビデオもネットで聴いたり見たりしている。
音楽は2005年にApple社のiTunesとiPodが日本にも上陸して、当初はその普及を疑問視する人もいたけれど、いまは音楽はネットで買ったり、無料で聴いたりすることが当然になっている。
音楽配信サービスも、有料コンテンツから、サブスクリプション契約による聴き放題へと主流は移ってしまった。

ビデオも単発映画のダウンロード販売からはじまって、これも月額定額制の見放題サービスが普及しつつある。
こちらは単発映画だけでなく、連続テレビドラマやお笑いなどの既成のテレビ番組の使い回しコンテンツ、さらにはオリジナルコンテンツなども充実してきている。

大手映像配信のNetflixとアマゾンのシェア争いは熾烈を極めている。
それぞれ年に1兆円近い規模の予算をオリジナルコンテンツに投入していて、アニメを含む映像の人材や設備はことごとくこの2社の元に集まりつつある。

私は最初、Huluを契約していたのだが、圧倒的なボリュームの差でNetflixに移った。
また、アマゾンはプライム会員なので見放題サービスも利用できるが、私の使い方だとNetflixのほうが楽しめる感じがする。

Netflixでは単発映画のほか、オリジナル連続ドラマが充実している。
映画をベースに連続ドラマにする場合もあるし、かつてのテレビシリーズをあらたにリメイクすることもある。
最近ではあの「スター・トレック(宇宙大作戦)」のシリーズがNetflixオリジナルとしてスタートしたばかりだ。
スター・トレックではあるが、主人公はカーク船長ではなく、スポックももちろんいなくて、黒人女性がメインキャストになっていて驚かされた。

ドラマといっても、映像のクオリティは1回1回が映画となんら変わりなく、CGやSFXも相当凝っているし、俳優も有名どころをどんどん使っている。
脚本を含む製作陣にも湯水のように予算が投入されている感じが伝わってくる。

これがいいことか悪いことなのかはわからない。
しかし、ネットの普及による商業コンテンツの巨大な流れがとめようもなく生まれてきていることは確かだ。

【メールマガジン「水マガ」配信中】
水城ゆうの現在の活動にかかわるすべてのものについて、テキストコンテンツとして配信しています。
登録はこちら。無料です。

2017年11月15日水曜日

見てもらうこと、聞いてもらうことの必要性

以下、共感的コミュニケーションの話につながる話だが、まずは私が稽古している武術で体感したことから書き起こしたい。
関係ないようでいて、深く関わりのあることなのだ。
すくなくとも私のなかでは。

私が取りくんでいる韓氏意拳という中国武術は、人の身体的・生命的本質を重視している武術で、それゆえに他流派からも注目されている。
ここでは人がもともと持っている自然本有のポテンシャルを練り、実際の危機にあたってその人が持っている身体能力を十全に発揮してコトにあたれるようになることを目標としている。
なにかを付け加えたり、過去の経験をなぞったり、企んだり、ということではなく、我々の生命が本来持っている能力を全体的に発揮するためにはどうすればいいか、を問うための稽古体系となっている。

稽古の過程でつくづく感じるのは、私たち現代人は自分の身体のことをじつにないがしろにしていて、ちゃんと見ていないし、身体の声を聞いてもいない、ということだ。
見ている「つもり」、聞いている「つもり」というのはある。
その「つもり」でやっていると、腕一本あげるのにおかしなことになってしまうことに気づくことがある。
本当にきちんと身体を見てやる必要があるし、声を聞く必要がある。
それができたとき、身体は必要なことによく応えてくれる。

身体だけでなく、共感的コミュニケーションでいうところのニーズにつながり、よく理解しているとき、言動は非常にクリアでいきいきとしたものになる。
自己共感がよくできているときがこの状態だ。

人と人のつながりにおいても、だれかに本当にきちんと見てもらったり、聞いてもらったりすることが、その人本来の能力を活発にさせる。
ちゃんと見てもらったり聞いてもらったりすることで、自分につながることが容易になり、自己共感が生まれていきいきとする。
だれもがだれかをそのようにいきいきさせる手伝いができるのだ。
これが共感の力だ。

問題は「本当にきちんと」だれかを見てあげたり、聴いてあげることが、我々がすでに身につけてしまっている社会習慣のなかでは、ちょっとした困難を伴うということだ。
共感的コミュニケーションを身につけるには、武術の稽古をするように、「なんちゃって」や「つもり」ではない、隙のない練習が必要となる。

アマゾンKindleストアで買える水城ゆうの著書
『仕事をやめたいと思ったときに――共感ハンドブック Vol.1』『祈る人』シリーズ1〜4『共感的コミュニケーション2017』『秘密』『桟橋』『ストリーム』『ジャズの聴き方』ほかにも続々とリリース予定です。一度ご覧ください。

2017年11月13日月曜日

文章表現WSの参加者特典追加

オンラインおよび国立春野亭や名古屋天白区〈アロマファン〉などで開催している「自己共感を用いた文章表現ワークショップ」に、参加者特典を追加します。

このワークショップに参加してくれた方には(希望すればですが)もれなく、月に3回開催している「身体文章塾」へのお試し参加1か月分を進呈します。
ワークショップで試したことをさらに深めたり、疑問点などを確認したり、まとまった作品を書きあげたり、試してみる機会を延長できます。

お試し期間のあと、継続を希望する場合は身体文章塾メンバーになっていただく必要がありますが、継続するかしないかはご自由に選んでください。
もちろん、お試し期間特典を利用するかしないかも、自由に選択できます。
ご利用いただければ幸いです。

11月23日:自己共感を用いた文章表現WS@名古屋天白
水城ゆう( mizuki-u.com )が長年つちかってきた文章術、指導法に加えて、共感的コミュニケーションにもとづいた共感のプロセスも取りいれたユニークな方法を練習します。

12月3日:自己共感を用いた文章表現WS
オンライン参加も可。

2017年11月12日日曜日

自己共感がもたらす「ほがらかさ」

自分が機嫌よくほがらかでいるというのは、とても大切なことだ。
不機嫌な態度でいる人と、機嫌がいい人とでは、どちらに近づきたくなるだろうか。
あるいはいっしょにいてこちらも気が楽なのは、どんな態度の人だろうか。

お母さんが不機嫌だと、家族全員が暗い気持ちになってしまう。
ひょっとして子どもは勉強がはかどらなくなったり、話したいことも話せなくなってしまうかもしれない。
お父さんも本来の自分の能力を発揮しにくくなるかもしれない。

逆に家族のだれかがほがらかだと、みんなも元気になる。
多少しんどかったりつらいことがあったりしても、ほがらかな人に話を聞いてもらって解決策を探してみようと思えるかもしれない。
自分もがんばろうという気持ちになれる。

だれかの気分はまわりに伝染し、影響を与える。
共感的コミュニケーションでは、自分と他人の感情やニーズを切りはなし、影響を受けない、ということを重視しているが、そうはいっても落ちこんだりいらいらしている人のそばにいれば気になるし、機嫌がいい人のそばにいればこちらも元気になる。
人にはミラーニューロンという神経系があって、本能的にまわりの人の感情や身体性を写し取ろうとしてしまう。

では、どうしたらいつもほがらかでいられるのだろうか。
いつもほがらかな人は、いつもしかめつらしい人となにが違うのだろうか。

私自身の経験では、ほがらかさはマインドフルネスや自己共感、心身のいきいきさなどからもたらされる。
いまこの瞬間の自分自身の状態やまわりのことに気づいていて、必要なことや大切にしていることがあればそのことを理解している。
こころも 身体も分離することなくまとまりをもってほどよくいきいきしていて、必要があればすぐに動けるような一種の運動状態である「活体」にある。

こんな状態にあるとき、その人はまわりにたいして感覚や態度がオープンになっている。
自分自身を受容しているだけでなく、他者をも受け入れ、話を聞く準備ができている。
このオープンさは自然なほがらかさを生む。

多くの人が想像できると思うが、自分がいまここにつながってオープンになっているとき、自然に微笑みが生まれ、余裕や客観性がそこにあると感じるだろう。
ここに至るには、ただただ、マインドフルネスと自己共感を心がけ、自分の心身を見るよい視力を養うことが必要だ。

11月開催:国立春野亭共感カフェ(11.14)
NVCをベースにした共感的コミュニケーションの学びの場を水城ゆうが開催しています。オンライン参加も歓迎。11月は14(火)19時半/27(金)19時半、いずれも約2時間です。

2017年11月11日土曜日

韓氏意拳の講習会に参加する人たち

内田秀樹先生にご指導をお願いしている11月の世田谷韓氏意拳世田谷講習会は、先日、烏山区民センターにて終了した。
参加は少人数だったので、かなりじっくりと核心部分をじっくりと指導していただき、また稽古もできたので、充実した時間となった。
内田先生、ありがとうございました。

充実した時間だったが、当然武術の稽古なのでかなり疲れる。
今回はショートクラス(1時間半)とレギュラークラス(2時間半)の2コマを、ごくみじかい休憩をはさんでほとんどぶっつづけでおこなった。
私はやや体調がわるかったこともあって(食中毒か流行りの風邪か原因は不明ですが嘔吐と下痢のなか)、終わってから相当消耗したが、やっている最中は集中していてあまり疲れは感じなかった。

しかし、毎回、私以外の参加のみなさんの集中力にも驚かされる。
とくに韓氏意拳の講習会は女性や高齢の方の参加も多く、なかには私よりずっと上の年齢の方も多い。
私より長くつづけておられる方もいれば、最近になってあらためて入会した方もいる。
長い経験者の方は、ご一緒させてもらうと、その動きや身体性に触発されたり刺激を受けてありがたい。
経験が浅い方は、衰えない好奇心や探究心をお持ちのようすに、こちらも大いに刺激を受ける。
いずれにしても、先輩のみなさんには敬意をおぼえるばかりで、そのような方々といっしょに稽古できることが本当に幸運だと思う。

女性も男性も、高齢といってもその集中力と体力はすばらしく、こちらがへろへろになってくたばりそうになっていても、まだまだしゃんとしておられる方が多い。
2コマぶち抜きの講習会だと、5時間以上なんて時もあるので、もう驚くしかない。
もっとも、私にしても、入会したばかりのころは、2時間半のひとコマですら立っているのがやっとというありさまだったので、いまは5時間立っていられるだけでもかなり進歩したというべきだろう(きついけど)。

そんなきつい稽古をなんで毎回やるんだ、といわれれば、楽しいから、としかいいようがない。
韓氏意拳では「自然運動」ということを重視していて、軌道をねらった動きや、動き方をなぞったやり方を厳しくチェックしていく。
その過程で、たとえば「腕をあげる」という単純な運動ひとつ取っても、自分がいかに頭でそれをかんがえ、あらかじめイメージした軌道ややり方をなぞろうとしているかに気づかされる。
では、どうすれば自然運動としての「腕をあげる」という運動が生じるのかというと、それは「発生する」としかいいようのないとどこおりのなさで生まれてくる瞬間がある。
その瞬間をつかまえ、育て、全身に響かせ、つづけてみる。
そこにはまったく「手ごたえ」とか「力感」はないのだが、なんともいえない心地よさは味わいがある。
自分も自然生命の一部であることを感じ、可能性をかいま見、喜びを感じる瞬間だ。

今回の烏山区民センターでの講習会でも、形体訓練という、練習体系の最初にあるものからはじまって、丁寧に身体と運動を見、ときにそこから站椿や技撃椿、歩法との関連を検証しながら、奥行きのある稽古をさせてもらった。
もう何年もやっている稽古なのに、あらたな発見がいくつもあったのには驚く。

とっつきにくく、またつづけていくのも難解に思える部分がある武術だが、すくなくとも私にとってつづけることに非常に大きな意味を持っていて、自分の未知なる身体のさらなる探求のためには不可欠なものとなっている。

11月14日:国立・韓氏意拳初級講習会
駒井雅和中級教練による国立での韓氏意拳初級講習会の2017年11月は、14日(火)午後にJR国立駅徒歩5分の会場にて開催します。

2017年11月10日金曜日

いまさらながらあらためて著書紹介『共感的コミュ……』

この年末に『共感的コミュニケーション2018』をリリースする予定で準備をすすめている。
今年初にリリースした『共感的コミュニケーション2017』のつづきにあたるが、内容的には一切かぶっていないので、合わせてお読みいただけるとうれしい。

ところで、この『共感的コミュニケーション』のシリーズは、アメリカの心理学者マーシャル・ローゼンバーグが提唱し、体系化したNVC(=Nonviolent Communication/非暴力コミュニケーション)にもとづいて開催している共感カフェや共感サロン、その他ワークショップや勉強会で実際に提示された人間関係の実際的で具体的な問題を、ひとつずつ取りあげ、読み物としてまとめたものだ。
マーシャルのNVCは『NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法』というタイトルで日本経済新聞社から翻訳本が出ている。
私の友人である安納献氏が監訳にたずさわっていて、こちらも参照していただくことをおすすめする。

私の本の特徴としては、前記のように、実際に起こったことで具体的なエピソードにもとづきながら、共感的コミュニケーションについて考察している、ということがある。
この本に書いたかんがえかたを踏まえて、私は共感カフェなどの勉強会を開催したり、個人セッションをおこなっているが、そこで起こったことや話されたことがまた本にフィードバックされていく、という双方向性が特徴となっている。
年末にリリースする予定の『共感的コミュニケーション2018』も、まさに今年2017年一年間でみなさんから聞いたり私自身が経験したことをもとに書かれた、具体的な内容となっている。
私自身のリアルな経験であり、身体的実感から生まれた、いわば水城ゆうという身体を通過した共感的コミュニケーションの事例考察だ。

日本にNVC(=Nonviolent Communication/非暴力コミュニケーション)がはいってきたのはまだほんの十数年にしかすぎない。
アメリカからの輸入であり、初期の勉強会といえば、英語の堪能な人が原書を読んだり、現地のワークショップに参加してきた体験をシェアしたり、あるいは現地のトレーナーを招聘してそれを通訳を介して学んだり、といったもどかしいものだった。
しかし、深く学んでいけばわかるように、このコミュニケーション体系はアメリカだけのものでなく、英語圏だけのものではなく、他の言語文化圏や、もちろん日本人にもまったく通用する、人類普遍といってもいいものだ。
それゆえに、日本文化、日本語文化圏のなかでも十分に咀嚼され、こなれていき、身体化する必要があると私は思っている。

かつて仏教が大陸から伝来したとき、僧侶が大陸に渡って学んだり仏典を持ち帰ったり、あるいは大陸から高僧がやってきたりして、ありがたく拝んで学んでいった。
それがいつしか、日本に根付き、土着の文化や宗教ともまじわり、そのスピリッツは保ちながらも日本オリジナルの仏教として広まっていった。
そのときはじめて、仏教は日本人にとって身体化したといえた。
NVCについても、おなじようなことがいえるのではないかと、私はかんがえている。

NVCを共感的コミュニケーションとして日本でも身体化するにはどうしたらいいか。
それは日本人である私が、自分自身の個人的なコミュニケーション体験として実践し、身につけていくことでしか実現できないのではないかと思っている。
その体験を書きしるすことが、私において身体化した共感的コミュニケーションを多くの人に共有の体験としてシェアできることだろう。

アマゾンKindleストアで買える水城ゆうの著書
『仕事をやめたいと思ったときに――共感ハンドブック Vol.1』『祈る人』シリーズ1~4『共感的コミュニケーション2017』『秘密』『桟橋』『ストリーム』『ジャズの聴き方』ほかにも続々とリリース予定です。一度ご覧ください。

◎紙本『共感的コミュニケーション2017』はこちらから購入できます

2017年11月7日火曜日

直近(10日間)の水城イベント

直近(10日間)の水城イベントです。

明後日です。
11月開催:水城ゼミ(11.9)
朗読や群読などの身体表現を用いていまこの瞬間の自分自身をのびやかに表現するための研究の場・水城ゼミ、11月の開催は9(木)/11(土)/16(木)、10時半から約2時間(2日のみ19時半から)。

明後日です。
11月9日:かまいキッチン共感カフェ@下北沢
安心して親子連れで行ける店として有名な下北沢〈かまいキッチン〉で、#共感的コミュニケーション ( #NVC )の勉強会を開催します。11月9日(木)15時から17時まで、お子さん連れ歓迎です。

あと4日です。
11月開催:マインドフル共感練習会(オンライン)(11.11)
水城の著書『マインドフル練習帳』(Kindle)を使って、毎週土曜日の早朝7時半から30分間限定でマインドフル共感練習会をオンラインでおこないます。11月の開催は11(土)/25(土)です。

あと4日です。
11月11日:ボイスセラピー講座@国立
呼吸や声を使って自分自身や身近の人を癒し活力を養うボイスセラピーの概要を学び、身につけるための講座です。この講座の受講修了が音読トレーナーの資格取得講座の受講要件となります。11月11日(土)14時からJR国立駅徒歩5分の会場にて開催。

あと7日です。
11月14日:国立・韓氏意拳初級講習会
駒井雅和中級教練による国立での韓氏意拳初級講習会の2017年11月は、14日(火)午後にJR国立駅徒歩5分の会場にて開催します。

あと8日です。
11月15日:ステイハッピー共感カフェ@下北沢
隔月で開催している下北沢の旅カフェ〈Stay Happy〉の共感カフェです。だれでも参加できるオープンで気楽な雰囲気の勉強会です。参加費1,000円+1オーダー。

あと10日です。
11月17日:もけごはん付き共感カフェ@国立〈門〉
国立市の古本ブックカフェ〈門〉で、おいしいもけごはんと〈門〉のご主人・和田さんによる絶品のお茶をいただきながら、共感的コミュニケーションについて学んだり、お互いの話を深く聴きあう練習をします。12時から。

2017年11月6日月曜日

自己共感を用いた文章表現ワークショップ終了

11月の文章表現ワークショップが終了した。
今回の前半部分のテーマは、「書きたいこと」と「書いてしまったこと」のズレ・違和感について。

書きたいことというのは、たとえそれがはっきりしたエピソードの紹介だったり、かんがえの伝達であったりしたとしても、書く前は自分のあたまのなかでもやもやと抽象的な雲のような塊として存在していて、まだ言語化されていない。
それをできるだけ取りこぼさないように、慎重に言語化し、構造化をこころみるわけだが、たいていはうまくいかない。
書きたかったことと、実際に書きあげた文章のあいだには、どうしても埋まらない溝があって、もやもやとした違和感を払拭できないという経験をした人はたくさんいるのではないだろうか。

その違和感やズレの部分を、共感的コミュニケーションのプロセスを用いて丁寧に見ていくとどうなるだろうか、というワークだ。
感情とニーズにスポットをあて、違和感を丁寧に見ていったとき、自分が伝えたいと思っていたもやもやした雲のなかにある「本質」というか「核=コア」のようなものが見えてくる。
そこを把握し、つながって、あらためて表現してみたとき、もやもやした違和感は劇的に減少する。

参加のみなさんといっしょにトライしながら気づいたのだが、ひょっとして共感的コミュニケーションのプロセスを用いた文章表現のワークは、ほかでやっているのを知らない。
私が知るかぎりにおいて、ここでしかやってないはずだ。
そしてこのワークは、文章表現の技術向上にも有効だが、自分自身を知る、自分自身につながる自己共感の練習としても、かなり有効な方法だと確認できる。
これをやってみることで、自己肯定や自己共感に力強く向かうことができる。

後半はより技術的なことにもチャレンジ。
たとえば、文章表現のオリジナリティはどんなふうに獲得すればいいのか、オリジナリティはなにから生まれるのか、ということをメタファーを用いたワークなどで確認しながらそれぞれトライしてみた。
あるいは主観と客観の分離が、なにかを人に伝えるためには非常に重要であり、伝わる文章、伝わらない文章を分けるものはどの点なのか、ということの確認もしていった。

国立春野亭に直接参加の人、オンライン参加の人、それぞれいっしょに自分につながり、自分を知り、オリジナリティを大切にしながら自分を表現する練習の時間となった。
お互いに大切にしていることを尊重しあったり、確認し理解しあったりしながら進めていくワークは、深いつながりも感じられて豊かな時間でもあった。
テキスト=文章を書くことで自分を知り、つながるワークが、もっと広まって気軽に用いられるようになるといいな、と思っている。

12月3日:自己共感を用いた文章表現WS
水城ゆう( mizuki-u.com )が長年つちかってきた文章術、指導法に加えて、共感的コミュニケーションにもとづいた共感のプロセスも取りいれたユニークな方法を練習します。オンライン参加も可。

2017年11月5日日曜日

映画:ブレードランナー2049

公開されたばかりの「ブレードランナー2049」を立川シネマシティまで観に行ってきた。
なんと、シルバー割引で1,100円だった。
ラッキー(笑)。
そうか、そういう年齢になったんだ、お祝いだね、これは。
映画はなるべく映画館で観たいと思っても、1,800円はちょっと高いなと思う。
が、1,000円だとだいぶ気軽に行ける気がする。

それはともかく。
最初の「ブレードランナー」が公開されたのは1982年。
私はまだ京都でバンドマンをやっていて、カラオケブームに押されてそろそろ仕事がなくなってきたのでどうしようか、とかんがえている時期だった。
だいぶ暇になってきたので、小説を書いたりして暇つぶしをしていた。
そのとき書きあげたSF長編小説が私の作家デビュー作となったのだが、ひょっとして「ブレードランナー」の影響を受けていないとはいいきれないところもありそうだ。

その続編としての「2049」。
30年後という設定。
リドリー・スコットは「2049」では監督はやらず、製作総指揮にまわっている。
監督はドゥニ・ヴィルヌーヴという人。
だれなんだと思ったら、「メッセージ」の監督ではないか。

「メッセージ」はネット配信がはじまっていて、観ようかどうしようか迷っていたところだったから、これはさっそく観なければ!
というくらい、「2049」はよくできていた。
最初の「ブレードランナー」の衝撃には比べようもないけれど、続編として、そしてそれ以上に単独作品として、良質の映画になっていると思った。
とても楽しめた。

よく「SFは絵だ」といわれるけれど、映像もすばらしくオリジナリティにあふれていてイマジネーションを刺激されるし、元の「ブレードランナー」へのリスペクトもたっぷりだ。
その上でディテールが楽しめるし、テクノロジーを駆使した工夫もかなり詰めこまれている。
世界設定も未来像として決して楽しいものではないけれど、重厚に作りこまれている。

映画全体のテーマとして、前回を踏襲する部分も多く、記憶とはなにか、人を人たらしめるもの、差別問題、命の問題など、重い問題をがっつりとあつかっている。
それは元々の原作、P・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』にもあったものだ。

配役も絶妙で、老体のハリソン・フォードがなかなかがんばっている。
娼婦役で出てくるマッケンジー・デイビスという女優がいるのだが、あれ、この人、どこかで見たなと思ったら、やはりリドリー・スコットの映画「オデッセイ」でNASAの職員役として出ていたのだった。
ちょっととぼけた、しかし妙に存在感のある女優だったので覚えていたのだが、演技力が買われたのだろう、「2049」でもなかなかいい演技を見せてくれる。

彼女と、バーチャル恋人ジョイ役のアナ・デ・アルマス(かわいいねえ)が、リアルな肉体とバーチャルな映像を同期させて主人公とからむエッチシーンは、なかなかよくできている。

あと、「ブレードランナー」で圧倒的な存在感を見せていたレイチェル役のショーン・ヤングが、30年前そのまんまの姿で出てくるのは、いったいどういうトリックなのか。

ひとつ残念だったのは、映画館が「極上音響」を売りにしていて、振動をともなった重低音の大迫力なのだが、それが逆にうるさくて気になってしまった。
音楽もいい感じだったのだが、必要以上に強調された音響にディテールを壊されてしまっているような気がして、残念だった。

いずれにしても、おすすめの映画だ。
ただし、上映時間は2時間半を超えるので、要注意。

【メールマガジン「水マガ」配信中】
水城ゆうの現在の活動にかかわるすべてのものについて、テキストコンテンツとして配信しています。
登録はこちら。無料です。

2017年11月4日土曜日

傾聴についての質問

人の話を聞く、ということについての質問をいただいた。

――――――
他者の話を傾聴(ジャッジやアドバイスをするために聞くのではなく、只只、相手と繋がるために相手の話に耳を傾ける )しようとした時、相手の感情に同調してしまいます。例えば、他者が悲しいと涙を流していたら、私も悲しくなって涙が滲んできます。
他者の話を共感的に聞きながらも、同情せずに、私は私とつながって居られるようになりたいです。
『この悲しみの感情は、○さんのもので、私のものではない!私の体はリラックスしていて心は平穏です』と唱えてみても、やっぱり、自然と涙が滲んできてしまいます。
どうすれば良いでしょうか?
――――――

話を聞いている相手に同情してしまったり、影響を受けてしまうのは、望ましいことではない。
まったく(相手にとって)役に立たないということではないが、こちらは聞きつづけるのが大変になるし、あまりにシビアな事情だったり激しい感情が相手にある場合、つながりを持ちつづけるのがむずかしくなる。

共感的コミュニケーションでは、相手の感情(とニーズ)とこちらの感情(とニーズ)を切りはなしておくことが重要で、もっとも基本的なスキルといってもいい。
たとえどれだけ激しい感情が相手にあらわれていたとしても、それは相手のニーズから生まれたものであり、こちらとは関係のないものだ。
こちらはこちらで自分のニーズにつながりつづけている必要がある。

そもそも、その人の話を聞こうと思った「こちらのニーズ」はなんだろうか。
あるいは聞きつづけている「こちらのニーズ」はなんだろうか。
また、聞きつづけることがむずかしく感じはじめたときの「こちらのニーズ」はなんだろうか。
いつもその瞬間の自分のニーズにつながり、理解している必要がある。
自分のニーズがわかっていれば、その時々で自分がどうしたいのか、なにができるのか、最適な行動はなにかがクリアになる。

自分につながりつづけているのがむずかしいとき、つまりこちら側が自己共感できていなかったり余裕がなかったりするとき、話を聞きつづけるのがむずかしいことを正直に相手に伝える必要がある。
この質問者のように、なにかをとなえたり、自分に言い聞かせてみても、そもそも自分のニーズにつながりつづけていられない状態は、相手の話を聞ける状態ではないということだ。
いつなら、どのような状況なら話を聞くことができるのか、もしそう思うならもう一度話を聞く気持ちがあることを相手にも伝えておくことが、つながりの役に立つだろう。

NVCをベースにした共感的コミュニケーションの学びの場を水城ゆうが開催しています。オンライン参加も歓迎。11月は6(月)11時/14(火)19時半/27(金)19時半、いずれも約2時間です。

2017年10月31日火曜日

個人セッション(的)に長いお付き合いとなった人たち

私は専門のカウンセラーというわけではないので、そんなにたくさんの人を相手にしているわけではないけれど、共感的コミュニケーションやボイスコーチングを用いた個人セッションの依頼を、ちょくちょくうけたまわっている。

最初から個人セッションを依頼してくる方もいれば、はじめは共感カフェに参加してくれてそのあとに個人セッションも、という人もいる。
かなりシビアな問題を抱えている人もいれば、なんとなくもやもやしていて元気が出ない、というような人もいる。
気がついたらそういう方が何人もいて、必要に応じてセッションの申し込みをしてきてくれる。

もちろん、つながりが途切れてしまった人もたくさんいるけれど、いまだにつながっている人とは何年にもわたる長い付き合いになっていることが多い。
ありがたいことだ。
そこには私への信頼を感じられて、私もそれに正直に、誠実に向き合いたいという気持ちがある。

私の個人セッションは、もともと、ナレーターや声優のための音声表現スキルアップの個人レッスンとしてスタートしたものだ。
ただただ正しくきれいに伝えるだけのナレーションやアナウンスメントだけではなく、朗読やオーディオブックなどの個性を発揮して表現の幅を身につけたいとか、マイク収録における技術的な問題を解決したい、といったニーズに応えるものだった。

技術的に解決できることは問題ないけれど(すぐに解決できる)、なんらかの理由である種の心理的なブロックが関わっているようなとき、問題解決はひとすじ縄ではいかなくなる。
そういう場合、力を発揮するのが、共感的コミュニケーションを用いた共感セッションだ。

共感セッションは音声表現のスキルアップだけではなく、日常生活における個人的な問題や、仕事の人間関係など、さまざまな問題にもアプローチし、解決にいたったり、解決にいたる道すじを知ることができる。
そういう意味で、個人セッションはしだいに、音声表現のプロだけでなく、一般の人の発声、話し方、表現、人づきあい、人間関係、自分自身とのつながり、といった問題もあつかう方向に広がってきて、現在にいたっている。

とくに最近はかなりシビアな人間関係の問題をあつかうことが多くなっている。
仕事上の人間関係、家族の問題、パートナーとの関係など、うかつな人に相談できないような問題を、私には話していただける。
友人に聞いてもらってもいいのだろうが、彼らは共感的に聞くということができないことが多い。
ついつい自分の経験に引きつけて同情したり、アドバイスしたり、分析したり、断罪したり、といった反応になってしまうこともある。
せっかく勇気をふりしぼって話したのに、がっかりな結果に終わってしまうのは残念だ。

私の場合、解決にいたるかどうかは別として、すくなくとも共感的に話を聞き、本人がなにを大切にしているのか、どんなことが必要なのか、気づくお手伝いに専念するので、自分自身につながるお役には立てるだろう。
結果的に解決にいたることが多い。

私と長くつながってくれている人たちは、たぶん、私と話すことの目的が「解決策を得ること」ではなく(それもあるかもしれないが)、「自分自身につながり落ち着く」ことの助けになると思ってくれていて、その部分で頼りにしてくれているんだろうと思う。

ところで、私のなかにも「お金についての心理ブロック」があるらしく、それは過去に受けたなんらかの傷から来る痛みなのだろうと思うけれど、無意識で起こることなので自分ではなかなか気づきにくい。

個人セッションを受けてくれた何人かから、
「申し込みの方法がわからない」
「予約サイトにたどりつけない」
「支払いの方法がわかりにくい」
といった指摘を、このところ立てつづけに受けた。
心をあらためて心理ブロックに向きあい、きちんと処理してみようと思っている。

私のおこなっている個人セッションは、「セッション」と銘打たなくても、たまたま顔を合わせたときのちょっとした共感やワークなどでも喜んでくれる人がいて、自分でもだれかの役に立てることがうれしかったりする。
セッションも時間枠に縛られず、自由にやりたいと思っていて、必要ならば一定の時間じっくりやることもあれば、すぐにすんでしまうこともある。
一応、規定の時間と金額は決まっているが、あくまで「参考の基準」くらいにかんがえておいていただけるとありがたい。

個人セッションの申し込み窓口は、直接のフォームリンクがこちら

私のウェブサイトを開いていただくと、トップベージをすこしスクロールダウンして「レッスン/個人セッション」というブロックがあるので、その下のほうにも申し込みボタンがある。

お支払いは事後でかまわないのだが、定額で払いたい方はこちらのショップページから決済できる。

定額でなく、自由にドネーション(寄付)のような形で払いたい人は、「レッスン/個人セッション」のブロックの下の申し込みボタンの横に、ドネーション窓口があるので、そちらを利用してほしい。

YouTube:水城ゆうのボイスコーチング・朗読表現編

水城ゆうがおこなっている個人セッションのひとつ、ボイスコーチングの模様から、朗読表現のコーチングをおこなっている一部をご紹介します。
こんなことを、こんな雰囲気で、というごく一部ですが。

水城ゆうのボイスコーチングに興味がある方は、こちらからどうぞ。

映像はこちら

2017年10月29日日曜日

豊田で共感的コミュニケーションと語りレッスン


2017年10月28日、午後。
豊田市のとよた市民活動センターで、共感的コミュニケーションの勉強会の案内人をつとめてきた。
主催は〈ゆめぱレット〉という団体で、代表は語り人の小林さやかちゃん。
さやかちゃんを筆頭に、知的障害などの障害を持つ人やその家族、支援者などで作られた団体で、語りや音楽など表現活動をやっている。
私はさやかちゃんとはもう15年近い付き合いで、中学生のときからずっとサポートしている。
おかげでこちらも学びと成長と豊かなつながりの経験をさせてもらっている。

今回はこの人たちを中心に、お互いに大切にしあえる関係のなかで、安心し、いきいきと表現できる場を持続的に発展させていくための方法として、共感的コミュニケーションを学ぼうということで、私を呼んでいただいた。
ゆめぱレットの主催の勉強会は、これが2回めとなる。

参加者は10人くらい、関係者もいれれば15人くらいの人数での勉強会となった。
今回はとくに身近な人とのつながりを作ること、相手にもかならず切実なニーズがあると思いやることでつながりのきっかけを「自分が」作ること、そして自分自身といつもつながっていることの大切さなどについて、みんなでかんがえ、話し合うことができた。

そこそこの長丁場をみなさん最後まで集中して参加してくれたし、熱心な質問も飛びかって、ありがたかった。
終わってから、この勉強会を不定期ではあるが、また時期を見ながら開催していきたいという話になった。

夜はおなじ会場でゆめぱレットのみなさんの語りレッスン。
来月11月18日に豊田産業文化センターのホールで、小林さやかとゆめパレットのみなさんによる語りの会をおこなうことになっていて、私もピアノ演奏やトークで参加する。
それに出演する方のレッスンをおこなった。
この語りの会のテーマは「おかあさん」で、みなさんそれぞれ、おかあさんにまつわる話を朗読したり語ったり、歌ったりすることになっている。

最後にさやかちゃんのおかあさんの希依子さんと、コンサートの進行と演出内容についての打ち合わせ。
この内容をほぼそのまま、年末の知立演劇フェスティバルにも持っていって上演するというので、私はそちらもサポートすることになった。
うまい具合に、ちょうど移動予定がかみあっていたのだ。

知立演劇フェスは12月10日(日)。
豊田も知立も、もしご都合がつく方がいらしたら、ぜひ応援にきてください。
お待ちしてます。

2017年10月25日水曜日

公演「FLARE m3」@国立さくらホールが終わった

2017年10月20日。
国立の〈さくらホール〉にてダンスと朗読と音楽によるパフォーマンス公演「FLARE m3」を開催した。

オーストラリア在住の矢澤実穂さんが、日本の熱海で開催されるNVCの国際集中トレーニング合宿「IIT」に合わせて一時帰国する際、なにかいっしょにやりたいと声をかけてくれたことから、この公演の計画がスタートした。
IITでは、経済的な理由で参加できない人をなくすために、事務局が「セルフファンディング」という企画を立ちあげていて、収益の一部をそれに寄付しようという話にもなった。

そもそも実穂さんとは、3年前に清里で開催されたIIT2014年のイベント内イベント「ノータレントショー」で、突発的にパフォーマンスを挙行して、それがとっても楽しくインパクトがあった。
そのおなじメンバーである実穂(ダンス)、野々宮卯妙(朗読)、水城(ピアノ)の3人でまたやろう、という話になったのだった。

あまり時間的余裕もなかったので、リハーサルはなし、簡単な打ち合わせのみ事前にすこしおこなっただけという、ほぼぶっつけ本番の公演だったが、それでもおたがいにまったく不安がなかったのは3年前の「おたがいに信頼できる表現者である」という感触があったのと、おなじNVCでつながった者同士という安心に支えられていたからだろう。

ところで私はこの公演のために、朗読テキストをあらたに書きおろすことにした。
作品「きみは星々の声を聞いている」が完成したのは、公演の数日前。

公演当日、実穂さんはおなじ会場で、午後、コンタクトインプロヴィゼーションとNVCのワークショップをファシリテートしてから、夜の公演を迎えるというハードワーク。
小笠原春野さんと小見明子さんが手伝ってくれたほか、来場者も自主的にいろいろ手伝ってくれたりして、運営はスムーズに進んだ(ありがたや)。
おかげで私は公演のセッティングに集中できて、リソースの少ないない、そこそこおもしろいセッティングになったのではないかと思う。

ダンスと朗読の動線を作り、ピアノを動かし、観客の視覚・聴覚を動的に刺激するようなセッティングのなか、本番が夜7時スタート。
ピアノソロからはじまって、ダンスが出る、そして朗読が出る。
あとはいまこの瞬間の自分と共演者と、聴衆と公演空間との対話から、生まれてくるものを即興的につかみ、つないでいくという連続。
いつものフロー状態から、ゾーンへと侵入していく、空恐ろしいほどの密度の濃い時間感覚のステージへ。

楽しい、ということばを通りこして、ひやひやするほどのスリリングな表現体験の1時間強だった。
すこし前から自分が、これまでとはちがう表現の質に進んだような気がしていたのだが、この公演でそのことに確信が持てた。
自由さの奥には、さらなる自由さがあり、それは窮屈なほどの選択肢の限定された「これしかない」という厳しい自由さだということを、喜びをもって体験できている。
共演者と、サポートしてくれたみなさんに、心から感謝したい。

しばらくは自主公演の予定はないが、呼ばれればどこへでも行くので、まずは気軽に声をかけていただきたい。
いっしょに厳しく楽しみましょう。

公演「FLARE m3」記録映像の抜粋はこちら

2017年10月24日火曜日

草時間かわしまよう子さんの茅ヶ崎〈リベンデル〉合宿

2017年10月22日、記録的な大型で強力な台風が接近している風雨のなか、国立から車を飛ばして茅ヶ崎の〈リベンデル〉に行ってきた。
草時間のかわしまよう子さんがおこなう合宿に、半日だけ参加するためだ。

一泊二日のこの合宿は、雑草とたわむれたり利用することで自然と遊び、対話するかわしまよう子さんのライフスタイルを学び、自然とのコミュニケーションを楽しむためのもので、よう子さんの仕事に共鳴している上野洋子さんが世話人となって開催されたものだ。
今回、コミュニケーションについて「自然」とだけではなく、「ひと」とのコミュニケーションも扱いたいということで、私も呼んでいただいたのだった。
長年共感的コミュニケーションを学び、研究し、実践し、広める活動をつづけてきた身としては、とてもありがたいお声がけだ。

けっこうな土砂降りのなか、到着してみると、すでに参加のみなさんがそろっていて、全員女性!
私ひとり、おじさんというか、怪しいじじぃみたいなのがのこのこと登場して、さぞやみなさん驚いたことと思うが、そんなことは微塵も感じさせず、みなさんに歓迎されて、たちまちお尻が落ち着いた。

私は名前が「ゆう」とひらがな表記で仕事していることもあって、時々私のことを女性だと思いこんでいる人がおられる。
そして「なんだ、おじさんだったのか」と落胆されたり、警戒されることがある。
私にはいかんともしがたいことなのだが、残念な気持ちになる。
もちろんこの日はそんなことはまったくなく、なんだか仲良しの女友だちや娘たちに大事にされているおじいちゃんのような気持ちで、みなさんに囲まれてほっこりすごした。

会場のテーブルの上にはちいさな草花飾りがいくつかしつらえてあって、よく見ればそれもこの近所で摘んできた野草の花や実なのだった。
テーブルを囲んで自己紹介をひとまわりしたあと、ちょっとだけみなさんの日頃感じている人間関係やコミュニケーションの気がかりについて聞かせてもらう。

そのあと小降りになった雨のなか、庭へ出て、気になる野草を各自摘む。
私も摘んだ。
あとでそれはお団子のなかに練りこんだり、上に飾ったりして、お茶といっしょにいただいたのだった。

お茶のあとは、みんなで夕食作り。
これも野草や無農薬の野菜を使ったもので、しかし食べてみると奥深い味としっかりした食感で、大満足なものだった。
肉がないから物足りない、なんてことはまったくなかった。
そして野草が加わることで味わいの幅が生まれるのも知って、興味深かった。

夜は別棟の広い座敷のほうに移動して、共感的コミュニケーションのお話会。
外は嵐だというのに、雨戸を閉めきったここはまったく静かで、平和だった。
そういえば、この嵐のなか、みなさんキャンセルもなく集われたのにはびっくり。
私はいつ「中止になりました」という連絡が来てもおかしくないなと思っていたのだが。

お話会では、みなさんが日頃気になっている人間関係やコミュニケーションの問題について聞かせてもらい、さまざまな角度から「つながり」の可能性について検討してみた。
人はたいてい、だれかと対立したとき、その相手を自分の価値観からしか見ていないし、そのことでつながる可能性を閉ざしてしまっている。
しかし、相手には相手の価値観があるし、それはなんだろうと推測し近づいていくことで、つながりの可能性が生まれるのだ。
それは自分自身についてもいえることだ。

そんな話をしたりして、すこしはみなさんのお役に立てたのかなと思うけれど、なにより私自身がこのようにいきいきと楽しくすごしている姿を見てほしい、それは共感の力に信頼を持っているからだ、ということを感じてもらえたら一番うれしいと思っている。

お話会の最後によう子さんが絵本を一冊読んでくれた。
それはまさに「自己共感」「自己肯定」についての本で、この日のお話会の内容にあまりのぴったりだったのでびっくりしつつ、よう子さんの優しい朗読に癒されまくったのだった。

あらためて、お会いしたみなさん、ふたりのようこさんに感謝。
またお会いしましょう。

共感的コミュニケーションWS@とよた市民活動センター(10.28)
愛知県豊田市の市民活動団体〈ゆめぱレット〉の主催で、共感的コミュニケーション(NVC)のワークショップをとよた市民活動センターでおこないます。どなたもご参加いただけます。

2017年10月22日日曜日

YouTube:ピアノ演奏「いつも何度でも」@福井県立病院

2017年10月17日。
数か月おきにおこなっている福井県立病院のエントランスホールでの「秋のコンサート」の模様から、iPhoneで撮影した記録映像ですが、抜粋してお送りします。
ジブリ映画「千と千尋の神隠し」のテーマソングの「いつも何度でも」です。
作詞は覚和歌子、作曲は木村弓です。

映像はこちら

名古屋天白の古民家スペースでの初開催共感カフェ

2017年10月15日、日曜日。
名古屋市天白区にある水野生惠さんの古民家スペース〈アロマファン〉で、共感カフェを初めて開催した。
私が案内人をつとめる共感的コミュニケーション(NVC)の勉強会は、おたがいの顔が見えて直接声が届きやすい、そしてお互いに聞きあえる距離を大切にしているので、参加人数が10人を超えないようにしているのだが、生惠さんのおかげで開催当日は満席となった。

参加してくれたのはお勤めの方、主婦、表現をやっている人、ボランティア活動をやっている方など、さまざまな背景のみなさんで、女性が多かったが、男性もおひとりいらした。
共感的コミュニケーションに初めて触れる方も多かったが、すでに何度か学びの場に参加したり、日常で試みている方もおられた。

最初にすこしだけ共感的コミュニケーションの考え方について触れたが、すぐに実例を用いた実践的な事例検証にはいっていった。
私の勉強会では、講義のように一方的に教えるということをなるべくやらないようにしている。
極力、実例を取りあげて、すぐにでも試してみることができる具体的な方法を検証したいと思っている。

今回も仕事の同僚との関係、親子関係、友人との関係などで起こるいらいらや心配、怒りを扱い、それを共感的にどのようにとらえ、自分につながり、相手のニーズを推測し、場合によっては相手にも共感しながら、自分と相手を大切にする関係を築いていく方法について、みんなで学んだりかんがえたり、練習したりしてみた。
みなさん、とても熱心に3時間という枠をがっつりと食いついてきてくれ、終わってからも多くの人が残って、さらに1時間以上も話を聞かせてもらうことができた。

勉強会に多くの方が来てくれたというそのことよりも、その場がみなさんの学びとつながりと安心を満たす空間になったことが、私には喜びだった。
最後にはみなさんから「来てよかった」という声を聞かせてもらえて、とてもうれしくなった。

こちらの〈アロマファン〉は、生惠さんが私の名古屋での拠点にしてもらっていいといってくれていて、来月も自己共感を用いた文章表現のワークショップを開催することになっている。
興味のある方は参加してみてください。
11月23日(木/勤労感謝の日)です。
詳細と申し込みはこちらから。

2017年10月19日木曜日

福井県立病院ボランティアコンサート5周年

ほぼ3か月おきのペースでおこなっている福井県立病院エントランスホールでのソロピアノ演奏によるボランティアコンサートが、先日10月17日の回でちょうど5周年だったことがわかった。
コンサートを終えて家に帰ってきてから、そろそろ5年くらい経つんじゃないかな、いつから始めたんだっけ、と記録を調べてみたら、2012年10月が初回だったのだ。
数えたら、10月17日で21回めだった。

毎回、午後1時半から約60分、ソロピアノ演奏をやっていて、曲目は日本の童謡や唱歌、スタンダードナンバー、よく知られたメロディなど、季節の曲が多い。
自分のオリジナル曲も演奏することもある。

もともとは自分の母が肺がんで手術・入院していた病院で、そのとき、私の高校の同級生が医師として勤務していることを知り、彼とちょっとお茶でも、というのがはじまりだった。
カフェで雑談しながら、エントランスロビーを見下ろし、
「あそこにグランドピアノがあるよね。あれって時々は使われるの?」
と訊いてみた。
すると、そこでは時々、ボランティアコンサートが開かれ、歌や器楽演奏などがおこなわれるということだった。
母がお世話になっていることもあって、私も演奏したい、というのが最初だった。

かなり大きな病院で、病床数は1,000床近くと聞いたことがある。
エントランスホールも広く、吹き抜けになっていて、かなり大きな空間だ。
そこにグランドピアノが置いてあり、椅子を数十個ならべてコンサートをやるようになっている。
病院の受付がある場所なので、オーディエンスは診察に来た人、入院患者、その付き添い、見舞いに来た人、通りがかりの人、そして受付業務をしている事務の方々。
毎回、どんな人が聴いてくれるかわからないし、そのつど顔ぶれも違えば、人数もちがう。

たまに地元のメディアが事前に情報を流してくれることもあって、そういうときはわざわざ聴きに来てくれる人もいるが、たいていは演奏前後に取材され、事後に記事が出ることが多い。

うれしいことに、ここ一、二年、かならず聴きに来てくれる方が何人か出てきた。
わざわざ病院に私のコンサートの日程を問い合わせて来てくれるのだ。
本当にありがたく、うれしいことだ。

そして、通りすがりに聴いてくれた人とも、終わってからことばを交わすことがあって、それも楽しい。
先日は終わってから、5、6歳くらいの女の子がやってきて、
「ピアノ弾いてくれてありがとう」
とおじぎをしてくれた。
これはうれしかったな。
ピアノは習っていないけれど、自分で弾いて練習していて、好きなのだという。

このコンサートがあるおかげで、私のピアノ演奏も変化しているように思う。
私は即興ピアノが専門なのだが、ただ好きなように自由に弾くだけではなく、聴いてくれる人といっしょの風景のなかを散歩するような、ある種のつながりを感じながら演奏するのにも楽しみを感じるようになってきている。

この日のセットリストはつぎのとおり。

 赤とんぼ
 旅愁
 故郷の空
 紅葉
 いつも何度でも
 もののけ姫
 フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
 ムーン・リバー
 蛍の光
 ふるさと

この記録映像のうち、何曲かをYouTubeにupしてあります。

 蛍の光
 赤とんぼ

明日・10月20日(金)夜には、国立〈さくらホール〉で、ダンスの矢澤実穂、朗読の野々宮卯妙と共演することになっている。
自分のピアノがどのように変化しているのか、明日はどのような音が出てくるのか、楽しみでわくわくしてしかたがない。

ダンスと朗読と音楽の公演「FLARE m3」@国立さくらホール(10.20)
「踊るように読み、語るように弾き、奏でるように舞う」

YouTube:ピアノ演奏「赤とんぼ」@福井県立病院

2017年10月17日。
数か月おきにおこなっている福井県立病院のエントランスホールでの「秋のコンサート」の模様から、iPhoneで撮影した記録映像ですが、抜粋してお送りします。
冒頭で演奏した「赤とんぼ」です。
作詞は三木露風、作曲は山田耕筰です。

映像はこちら

2017年10月18日水曜日

YouTube:ピアノ演奏「蛍の光」@福井県立病院

2017年10月17日。
数か月おきにおこなっている福井県立病院のエントランスホールでの、水城ゆうのピアノ演奏によるボランティアコンサーを初めておこなったのは、2012年10月でした。
ちょうど5年めを迎えたことになります。

今回の「秋のコンサート」の模様から、iPhoneで撮影した記録映像ですが、抜粋してお送りします。
最後から2曲前に演奏した「蛍の光」です。
原曲はスコットランド民謡で、作詞は稲垣千頴です。

映像はこちら

2017年10月15日日曜日

私は忙しいのか?

このところ、会う人、会う人ごとに、
「水城さん、最近、忙しいですね」
といわれる。
ご心配ありがたいが、私自身はそれほど忙しいという感じはない。
たしかにイベントがつづいていて、なにもないのんびりすごせる日はほとんどないが、気ぜわしい感じはしていない。

イベントについて知ってもらったり、できれば参加してもらいたいので、告知はせっせとするし、また気づいたことがあればメルマガやブログの記事として書きのこしたりしている。
その作業はだいたい午前中に集中しておこなっている。

午前中にイベントがあることもあるが、だいたいは午後か夜だ。
オンラインのイベントもあるが、これは自宅にいながらにしておこなえる。

午後から夜にかけては、イベントがなければ仕事をするかといえば、ほとんどしない。
午後は頭の働きがにぶってくるので、映画を鑑賞したり、絵を描いたり、編み物をしたり、酒を飲んでのんびりすごす。
そしてなるべく早めに寝てしまう。

睡眠は十分に取る。
朝は早いが、夜も早いので、睡眠が足りないということはまずない。
昼間に少しでもねむけを感じたときは、さっと5分か10分のみじかい昼寝をする。
これは非常に効果的で、10分の昼寝は1時間の夜寝に匹敵するくらいの(自社比)効果を感じる。
車の運転をすることが多いが、ちょっとでも眠くなったらすぐにパーキングに入れて、ショートナップを取る。

そしてもうひとつ、重要なことがある。
私がおこなっているイベントはどれもすべて、自分自身のなんらかのニーズにつながっているもので、おこなっている最中も自分のニーズにつながりつづけている。
参加してくれる人にも、学びやつながりを大切にしている人たちという信頼があるので、私も安心して、そして集中してものごとを進めていくことができる。
そのためにも、イベントは定員を少人数に設定してあることが多く、また実際にたくさんの人が押しかけるようなことはない。
お互いの顔が十分に見える距離や人数で、いまこの瞬間のいきいきさを大切にしながら進めていくことを心がけていく。
だから、あまり疲れないし、毎日「忙しい」と感じることもない。

こういったことに役に立っているのは、私の場合、共感的コミュニケーション(NVC)による自己共感、韓氏意拳や瞑想による質の高いマインドフルネス、身の回りの雑事をすっきりさせる「マインドフル手帳術」、心身の健康調整に効果的な音読療法、といったことだ。
これらをみなさんにも分かち合いたいと思っている。

2017年10月14日土曜日

イベントいろいろつづく週間みなさん来てね

ありがたいことに、名古屋天白の〈アロマファン〉で初開催する共感カフェが、定員に達して、いったん受け付けをストップさせていただいた。
明日の朝、車で国立を出て名古屋に向かい、午後に共感カフェを行なう。
夜に北陸の実家に戻る。

月曜は実家で音読カフェ、火曜日は福井県立病院でピアノコンサート。
木曜日の午後に実家を出て、これも初開催となる岐阜の各務原での共感カフェを行なってから、深夜に東京国立に戻ってくる、というツアー。

今日14日(土)は一日、「IITをぶっとばせ!」の追加イベントを国立春野亭でおこなう。
共感的コミュニケーションやマインドフルネス、表現や自己共感について知りたい人、練習したい人は、午前9時から午後9時までのあいだならどの時間でも自由においでいただきい。
参加費はドネーション(寄付)制となっている。

このフリーデーのなかに決まっている枠がふたつあって、それはつぎのとおり。

 水城(表現/朗読)ゼミ 10:30~12:30
 共感サロン 14:00~17:00

こちらにも自由に出てもらってかまわない。

来週木曜日に国立にもどってきた翌日、20日(金)は、夜に国立〈さくらホール〉にて公演「FLARE m3」をおこなう。
駅から徒歩1分という大変気楽な場所でやるので、ご都合つく方はおいでいただきたい。
ダンスと朗読とピアノの即興演奏による、共感的表現のコンサートだ。
お席に余裕はたっぷりあるので、どんどんいらしていただきたい。

22日(日)は草時間のかわしまよう子さんが主催する「THE草料理合宿@茅ヶ崎リベンデル」というイベントに、共感的コミュニケーションのゲスト 講師として招かれていて、これも楽しみなのだ。

2017年10月11日水曜日

毎週土曜朝にオンラインで開催します、マインドフル共感練習会

私・水城の著書(Kindle)で『マインドフル練習帳』というものがあります。
それぞれ1月から3月、4月から6月、7月から9月、10月から12月と、毎日の練習問題とちょっとした気づきのエッセイが全4巻にまとめられています。
これはブログで毎日、1年間欠かさず連載したものを、編集してまとめたものです。
読んでいただけている方には好評なのです。

(それにしても、毎日よくこんなにいろいろな練習問題を思いついて書きのこしたもんだな、と自分でも感心しています)

この『練習帳』を使って、毎週1回、ごくみじかい時間・30分限定でマインドフル共感練習会をやってみることにしました。
毎週土曜日の早朝・7時半から30分間限定、オンラインでおこないます。

ところで、土曜といえばだれもがのんびりと寝ていたいものですね。
しかし、うっかり寝すぎて、起きたらもう夕方、せっかくの休みに有効に時間を使えなかった、ガビーン! というような経験はありませんか。
それならいっそのこと、土曜日もそこそこの時間にがんばって起きて、マインドフルに一日をすごす、そのきっかけとしてこの練習会に参加してみる、というのはいかがでしょう?
(もし眠くなったら、あとでちょっとだけ昼寝すればいいですよね。私はいつもそうしています)

練習会は共感的コミュニケーションをベースに開きます。
「こうしなければならない/こうすべきだ」「こうしてはならない」といったことは一切ありません。
自分のニーズにしたがって、自発的に楽しみながら参加してください。
必要なら水城が参加の皆さんに共感しながら進行します。

◎日時 2017年10月14(土)/21(土)
    いずれも午前7時半から30分

◎参加方法 オンライン(zoomというシステムを使います)
    参加申し込みをされた方に詳細をお知らせします。

◎参加費 1回1,000円

※参加申し込みはこちら
※Kindle本『マインドフル練習帳』はこちら

2017年10月9日月曜日

国立フリー合宿「IITをぶっとばせ!」明日は最終日

10月7日(土)から国立春野亭でフリー合宿をおこなっている。
水城(表現/朗読)ゼミ、共感サロン、マインドフル練習会、テキストライティングWSなど、いくつかの勉強会を連続しておこなった。
詳しくは書けないけれど、予想外で劇的な展開があって、大きな学びと気づきの時間がつづいた。
スリリングな場をホールドできたことに、個人的にはお祝い。

逆に、予想外のことが起こって、場をホールドできなかったことに残念さを感じる時間もあった。
せっかく遠方から楽しみに参加してくれた方に対し、未熟さゆえに場をホールドできなかったことを心から申し訳なく思う。

その方からは、あとで、帰宅報告とおわびのメールが届き、ちょっとほっとしたけれど、なにかケアしたい気持ちが依然として強くある。

さまざまなことがつぎつぎと起こったり、起こらなかったりした、しかしいまここの自分自身にずっとつながることを意識できていた数日だったように感じる。
そして明日はその最終日。

明日は平日だが、都合のつく方は国立春野亭までぶらりとお越しいただくもよし、オンラインで好きな時間に参加されるもよし、また夜は仕事帰りに立ち寄るもよし、いずれも気軽にご参加いただきたい。

最終日・10日のイベント予定はつぎのとおり。

 午前 水城(表現/朗読)ゼミ
 午後 水城共感サロン
 夜 音楽瞑想とマインドフル練習会

詳細と参加申し込みはこちらをご覧ください。

2017年10月7日土曜日

国立春野亭フリー合宿4日間その初日

今日から国立春野亭でフリー合宿をおこなう。
「フリー合宿」とは私の造語だが、意味するところは、いつ来て、いつ帰ってもよし、ずっといてもよし、泊まるもよし、ということだ。
イベントを何枠か、いちおう予定していて、それに参加するもよし、ながめているもよし、参加せずに横で寝ていてもよし、という意味のフリー。
参加費もドネーション(寄付)制のフリー。

今日・10月7日(土)はその初日だが、午前9時くらいからいつでもおいでいただいてかまわない。
遠方の方のために、オンラインのミーティングルームを用意して、9時から開いておく予定。

今日・7日のイベント予定はつぎのとおり。

 午前 水城(表現/朗読)ゼミ(10:30~12:30)
 午後 親密な関係の共感勉強会(14:00~17:00)
 夜 水城共感サロン(19:00~21:00)
 その後、フリータイム(共感飲み会?)

いちおう枠と時間は決めてあるが、あくまでゆるい枠で、枠を超えて、あるいは枠の合間になにかやるかもしれないし、やらないかもしれない。

明日・8日は小袖講師でNVCの仲間であり、マインドフルネスの実践者である吉房泰子さんが、助っ人ファシリテーターに来てくれることになっている。
8日以降の予定など詳細については、こちらをご覧ください(参加申し込みも)。

2017年10月5日木曜日

IITをぶっとばせ!(←冗談ですよ)

いよいよ明日・10月6日から熱海でNVCの国際集中トレーニング合宿「IIT」がスタートする。
9泊10日というボリュームの合宿で、私は清里でおこなわれた2013年のIITに参加したが、今回の熱海には参加しない。
とはいえ、私の居所である国立春野亭は事務局機能が集中していて、数日前からオーガナイザーチームや海外からのトレーナーが出入りしたり、宿泊していて、かなりあわただしくなっている。

私は参加しないが、人や荷物の移動、事前の宿泊サポートなどをおこなっていて、それなりに貢献している。

そんななか、これからはじまるという熱量と期待のなかにいるスタッフや参加者には聞こえにくいかもしれない声が、私のところには聞こえてくる。
それはやはり、
「参加したいのにできない」
という人たちの声だ。
経済的、距離的、時間的、その他物理的・心理的障壁のせいで参加したいのにできない、という人がたくさんいる。
実際に参加できるのは100人くらいだが、参加したいのにできない人はたぶん1,000人以上いる。
いや、実数はわからないが、参加できる人よりできない人のほうが多いことはまちがいない。
そんな人たちの声を、私は聞きたいと思いはじめている。

(そして参加できない人こそNVCを必要としている人たちなのではないか、という個人的な思いもある)

そこで、IITとはべつに、なにか私にできることをやってみようと計画している。
10月7日(土)、8日(日)、9日(月/体育の日)の3日間の連休に10日(火)の平日も加えて、国立の春野亭でいつでもどこからでも、あるいはオンラインでも参加できる、ゆるい共感合宿を開催しようか、というものだ。

・参加者は全日程に参加する必要はない。都合のいい日、時間のみ参加してよい。宿泊するも自由、しないも自由。
・参加費はドネーション(寄付制)。宿泊費も基準額はあるが基本的に寄付制。
・全日程のうち、いくつか時間を区切って、私が提供できるワーク、勉強会、あるいはだれかが提供したいプログラムを、あらかじめ組んでおく。参加者は興味のおもむくまま、好きなプログラムに参加するもよし、参加しないもよし。
・遠隔地からもオンラインで参加できる。

ざっくりこんな感じ。
私が提供できるのは、共感的コミュニケーションの勉強会、朗読やテキストライティング、即興演奏など、表現のワーク、マインドフルネスや瞑想の練習会(音楽瞑想を含む)、といったところだろうか。

興味がある方はこちらをご覧ください。
参加申し込みやお問い合わせもこちらから。

映画:超高速!参勤交代

ほとんど日本映画を観ない。
理由はたぶんいくつかあって、それらが複雑にからまって潜在意識のなかで暗い翳を作っているんだけど、まだ言語化できない。
映像そのものも、日本映画特有のぼんやりした暗さのようなものがあって、それは私の潜在意識の翳がなせるわざかもしれないが、なんとなく避けて通るような気分がいまでもある。
実際、とても評判がいいのでがんばって観てみたけれど、結局がっかりしたという経験があって、それも私のなかで暗さを作っている。

この「超高速!参勤交代」も、だれかが「すっげーおもしろかった」といっていて、気になっていたけれど、なんとなく片目でにらみながら避けていた。
また「シン・ゴジラ」みたいなことにならなければいいなと思いながら。

ひょんなことで観はじめたんだけど、出だしでもうちょっといやになった。
画面が暗い。
すかっと抜けていない。
日本の田舎の風景って、もっとくっきりと「抜けた」感じがあるでしょう、それがなんで画面に反映されていないんだろう。
まさかフィルムじゃないんだから、いくらでもカラー調整はできるはずなのに。

田舎侍が集団でぶらぶら歩いていく光景が、冒頭のほうに出てくる。
それを見てまたいやになった。
江戸時代の侍がこんな歩き方をしていたはずがない。
こんなふうに手足がぶらぶらと胴体から離れていたら、重い腰のものを運んで歩けやしない。

いくらでもケチをつけたくなるのをがまんして、しばらく観ていると、慣れたのか、あるいは演出が変わったのか、だんだん違和感がなくなってきた。
百姓ら庶民の立ち居振る舞いは、昔の日本人らしくて、私が子どものころに見なれていた年寄りや大人の歩き方、身ごなし、仕事ぶりらしく見える。
とくに身分の高い者にへりくだった態度で接する姿は、現代人の身ごなしとはかけ離れている。

こんなことが気になるのは、私が武術をやっていて、いつも「せめて100年前の身体が見えるように稽古する」ことを心がけているからだろう。
つまり、現代人の身がばらばらで足元が見えていない身体観では、実際に「使えない」からだ。

結局のところ、そういう観察をしながらの映画鑑賞も、楽しくないわけではなかった。
ストーリーは奇抜で無理なところも多いが、自分たちの信念のために必死にがんばっている男どもの話は悪くなかったし、飯盛女役の深田恭子も美しかったし。

映画の最後に、いわきのみんなが愛し、献上するたくあん大根の味について、「土を守り、土をはぐくんできた」その結果なんだというせりふがあるけれど、そこはインパクトがあった。
いま放射能で汚染されて帰還が許されていない、本来豊穣であったはずの大地のことを見据えたオマージュであることは、まちがいない。
ただ一点、そのメッセージを伝えるためだけに作った映画なのではないか、と思えたほどだった。

2017年10月3日火曜日

iPadの液晶保護フィルムなるものを使ってみた

私のiPadは現在、Pro10.5インチというタイプのものを使っている。
iPadは初代からはじまって、mini、そしてPro13インチというデカパッドも使ってみたが、いまはこれに落ちついている。
メインマシンは MacBook Pro 15インチで、なにをするにもそっちを使っているが、iPadも重宝している。
なにしろヘビーユーザーだ。

iPadはネットや電子書籍、とくに固定レイアウトの雑誌などを読むのにちょうどいい。
あと、音楽アプリもインストールしていて、作曲や演奏、楽譜表示などにも使う。
料理のときにクックパッドを開いて、目の前のカウンターに置いておくのも便利だ。
動画再生もちょうどいいサイズで、MacBookでなにか作業しながら動画を流しておく、なんてこともよくやる。

もうひとつ、私の趣味である「お絵かき」にちょうどいい。
お絵かきについてはあらためて詳しく書いてみたいが、今日はお絵かきが劇的に快適になった品物を紹介したい。

私はタブレットにしろスマホにしろ、ケースに入れたり、なにかカバーをつけたりするのが嫌いで、これまでほとんど「ナマ」で使ってきたのだが、だれかがブログで書いているのを読んでちょっと使ってみる気になった。
貼るとペンでの書き心地が、まるで紙に書いているのとそっくりな感触になる保護シールがある、というのだ。

ClearView(クリアビュー)というブランドから出ている「液晶保護フィルム ペーパーライクなペン滑り!」というものだ。

さっそく取り寄せて、貼ってみた。
なるほど、ちょっとザラっとした手触りで、表面が紙っぽくなる。
しかし、反応が遅くなるとかそういう感じはまったくない。
手触りは変わるけれど、指でなぞる分にはこれまでと変わりなく使える。

アップルペンシルでお絵かきしてみた。
ほんとだ、まるで紙に書いているような感触だ。
ざらつきがもたらす抵抗感が、リアルに紙にペンで書いているような錯覚をもたらす。
スケッチブックほど荒い感じはなく、コピー用紙ほどつるっとした感じでもない。
大学ノートくらいに書いている感じだろうか。

なにも貼っていなかったときには、ペン先と液晶面があたる感触がつるつるとしていたり、かちかちと硬くあたって不快なときがあったのだが、これなら快適だ。
それに、液晶面を保護するのにも役立つだろうし。

ペンを使ってiPadなどタブレットでノートをとったり、お絵かきする人には、おすすめのアイテムだ。

2017年10月2日月曜日

長編小説『大きな川と雪のものがたり』連載再開しました

長らく連載執筆を中断していた水城ゆうの長編小説『大きな川と雪のものがたり』ですが、連載を再開したいと思います。
「どんな話だったかもう覚えてないよ」
「初めて読むので途中からだとついてけない」
という方のために、どなたも自由に「これまでのお話」を読めるように、連載再開前の全話収録したものを電子書籍としてダウンロードできるようにしました。

データ形式はePubです。
ダウンロード後はePubが読めるアプリを使ってください。
代表的なアプリでは「iBooks」「Kindle」「楽天kobo」「Google Play Books」「Kinoppy」「honto」などがあります。

『大きな川と雪のものがたり(前)』のダウンロードはこちらから。

連載のつづきを読みたい方は、メルマガ登録をお願いします。
登録はこちら。無料です。


  大きな川と雪のものがたり 第42回

 ぼくが大人になってから船の操縦免許を取ったのは、その体験があったからかもしれない。
「その体験」というのは、小学三年のときにカミくんの船にとうとう乗せてもらったことだ。船というより、家といったほうがいいかもしれないけれど、それはたしかに川に浮かんでいて、ちゃんと動きもする船だったからだ。

   *

 私が持っているのは、小型船舶の免許で、その免許のなかでは最高の一級という種類だ。それには「特殊」という免許資格区分もふくまれている。そして「特定」という資格も付与されている。
 特定というのは、自動車免許でいえば「二種」にあたるもので、ようするにお客さんを乗せられる、というものだ。
 この免許を持っているのは、私にはちょっとした自慢だ。もっとも、これを使う機会はめったにないけれど。

   *

 自動車免許はそれより早く、学生になってすぐに取った。夏休みを利用して、故郷《くに》の街はずれにある教習所で取ったのだ。
 そうそう、教習所は、ぼくらが豚小屋をこえてトンネルのほうまで探検した、ツネちゃんが怪我をしたあたりのちょうど川の反対側の、大きな車道《くるまみち》の脇にあった。

   *

 それは三年の夏休みのことだった。
 夏休みは終わりかけていて、ぼくはまだ残っている宿題と、まだ遊びたりない気分で、ちょっとせかされるように毎日を送っていた。もちろん宿題より遊びのほうが優先で、宿題はたくさん残っていたけれど、遊ぶことがたくさんあって、宿題なんかやってられないという感じだった。
 本もたくさん読みたかったし、虫をつかまえに行きたかったし、水槽や虫かごの観察はいそがしかったし、みんなと鬼ごっこやかくれんぼや山遊びをしたかったし、そうそう、最高に楽しかったのは川遊びだった。

   *

 学校にプールが作られるという計画があって、子どもが川で泳ぐのは基本的に禁止されていた。でも、学校のプールはまだ完成していなかったし、川で泳ぐ子はほかにもたくさんいたので、大人たちも黙認していたのだ。というより、子どもが遊んでも危なくないように、川の浅瀬に石をならべ、安全に泳いだりめだかをつかまえたり遊べるようにしてくれていた。そしてだれかがかならずそのあたりで見張っていた。
 実際、そのころは、川や用水路に流されて溺れる子どもがいて、何年かに一度はどこかの子どもが亡くなったりした。大人たちが長い竹竿を持ってため池をさらっている姿が、古い記憶の底のほうにぼんやりと残っている。

2017年10月1日日曜日

毎月恒例・共感ウィーク10月のお知らせ

共感的コミュニケーション(NVC)関連のイベントがつづきます。
まとめて学んだり、練習したり、あるいは触れてみることのできるチャンスがつづくので、ご都合つく方はどこかでお会いできるとうれしいです。

私のベースである国立・春野亭もしくはオンラインで開催する「共感サロン」を、10月は3回開催します。
共感的コミュニケーション(NVC)を体系的に学ぶ、というよりは、みなさんの生活や仕事のなかで起こる実際的な対立や気がかりについて具体的に取りあげ、共感的に聴くことで、実践的に身につけてもらおうという場です。
ただ共感的に聴いてもらいたいことがある方にもおすすめです。
実際に「共感される」という体験をたくさんすることが、自分でも共感できるようになるポイントになります。
10月は2(月)11時/6(金)19時半/27(金)19時半、いずれも約2時間です。

10月3日(火)夜は、川崎市・武蔵小杉在住の高橋喜宣さんが自宅で主催してくれている共感的コミュニケーションの勉強会「こすぎの大学共感サロン」です。
個人宅での開催ですが、どなたも参加歓迎です。

10月4日(水)夜は、三軒茶屋の〈カフェ・オハナ〉で共感的コミュニケーションの勉強会をおこないます。
朗読と音楽のミニライブ付きです。

10月12日(木)の午後は、東松原在住で自宅をイベントに開いている星寿美さん宅での共感カフェです。
個人宅での開催ですが、どなたも参加歓迎です。

10月13日(金)の昼は、毎月恒例の国立古本カフェ〈門〉でのもけごはん付き共感カフェです。
おいしいお昼ごはんと〈門〉のご主人・和田さんによる絶品のお茶をいただきながら、共感的コミュニケーションについて学んだり、お互いの話を深く聴きあう練習をします。

つぎに、名古屋と岐阜での共感カフェのご案内です。
どちらも初開催となります。
まずは名古屋・天白区の古民家スペース〈アロマファン〉での共感カフェを10月15日(日)の午後に開催します。
水野生惠さんが世話人です。

つづいて10月19日(木)夜には岐阜・各務原の〈カフェ花寧香(はなねこ)〉で、猫ヘンタイ・猫好きの白狼澪さんが主催して共感カフェを開催します。
とてもかわいくて居心地のいいカフェで、オリジナルハーブティをいただきながら共感的コミュニケーション(NVC)について学びあいます。

以上、たくさん紹介しましたが、どこかでお会いできるとうれしいです。

最後に、共感の勉強会ではありませんが、共感的コミュニケーションと深いかかわりのあるイベントをイチオシさせてください。
NVCを通してつながっている私たち3人による、ダンスと朗読と音楽の公演「FLARE m3」を、10月20日(金)夜、国立のさくらホールでおこないます。
キャッチコピーが「踊るように読み、語るように弾き、奏でるように舞う」
ダンスの矢澤実穂、朗読の野々宮卯妙(mari)、ピアノの水城ゆうの3者による公演です。
ぜひともお越しください!

加速度的に成長していく表現者を見る喜び

昨日は現代朗読ゼミあらため水城(表現)ゼミだった。
参加者はひとり。
数か月前から参加してくれているゆきこさん。

ゼミでは参加者がひとりだろうが、複数だろうが、基本的におなじことをやる。
もっとも、ひとりでやれることと、複数人でやれることは、形式は違うのだが、内容はおなじだ。
いずれも、「表現するための身体」としての自分自身を観察し、なにが起こっているのか、どんなことが生まれようとしているのか、繊細に感受し、それを妨げない練習をする。

ちょっと抽象的な話だが、なにかを表現しようとする人のなかで起こっていることの話をしたい。
具体例として、ここでは「朗読」という表現行為を例にとってみる。

だれかがなにかを朗読しようとするとき、その人のなかでは、たえず、
「こう読まねばならない」
「間違えてはいけない」
「はきはきと、はっきりした声で読まねばならない」
「イントネーションを間違えないように」
「意味の区切りを明確に」
「滑舌は明瞭に」
などといった、たぶんだれかから指導されたり、みずから思いこんだり、後天的に身につけてきたなにかこれが正しいというような「外部的基準」に、自分の表現をあてはめようとしてしまう。
無意識に。

この無意識の働きから逃れることはけっこう大変なのだが、これらがその人本来ののびやかさや、絶えずいきいきと変化しつづけている生命現象をあらわし伝えることを、著しく阻害している。
この働きに気づき、それらをやめていけるかどうか、という試みにはいっていくところが、まず私がおこなっている表現の稽古のスタート地点となる。
いや、スタート地点より手前の作業かもしれない。

スタート地点というのは、それらに気づき、ある程度「外部的基準」を手放せるようになったところだろう。

外部的基準を手放すためには、別の基準を自分で見つけるのが手っ取り早い。
私が提案する「別の基準」とは、「内的基準」のことで、つまり自分自身に目を向けることだ。
実際にワークをやってみるとわかるが、自分自身はたえず変化し、動き、流れつづけている。
また内的・外的にかかわらずさまざまな刺激(情報入力)にたいして反応しようとしている。
それらに目を向け、自分が動こうとしたがっていることを妨げず、方向性を保持してあげること。

表現ゼミではそんなことを一貫してやっていて、残念ながら最初はちょっとわかりづらい。
にもかかわらず、ゼミ生たちはゆきこさんにかぎらず粘り強くついてきてくれていて、やっているうちにすこしずつ見えてくるものがあるようだ。
とはいえ、それはかすかな兆候であって、手応えのような強いものは得にくい。
むしろ、手応えを感じたときは、それは間違いである可能性が高い。
自分が自然に、のびのびと、いきいきとやれているとき、実は手応えというものはほとんどないのだ。
自然にやれていることだから。

昨日はゼミ生のゆきこさんをテスト収録してみた。
彼女はハンセン病をテーマにして中国人作家・林志明が書いた短編集『天使在人間』(訳・鄧晶音)を、いずれオーディオブックにして配信したいという目標を持っている。
人に聞いていただくだけのクオリティのものを目指しているわけだが、そのクオリティは「上手」とか「正しい」ではなく、いかに「正直にゆきこさんらしいものであるかどうか」という基準だ。

身体(生命活動)に注目すること、自分の身体が受け取っている外的刺激とその反応を拒否し邪魔しないこと、その方向性をゆきこさんはまだ頼りないながらもきちんとつかまえていて、ここ数か月のあいだにみるみる表現のクオリティとオリジナリティが進化していく姿に、私自身がびっくりしているし、昨日は本当にうれしかった。

昨日は「わずかな思いやりに、心を打たれて涙する」という短編を読み、私もピアノの即興演奏で参加してみた。
ごく短い抜粋だが、記録映像を紹介したい。
ここからどこまで「ゆきこさん自身のナマの生命活動」としての表現クオリティを高めていけるのか、これからが楽しみだ。

映像はこちら

2017年9月30日土曜日

年末までの水城の移動予定

朝晩の冷えこみが秋の深まりを感じさせる今日このごろですが、みなさんは体調など崩されてませんか?
私はいたって元気です。
元気な理由はいくつかあって、まずは毎日の音読療法、呼吸法やマインドフルネス、プチ瞑想。
そして武術(韓氏意拳)の稽古、共感的コミュニケーションによる自己共感。
こういったことの複合的な効果で、心身の健康とバランスをほどよく保っていられるような気がします。

私は今年ちょうど還暦を迎えた年齢ですが、調子よく日々をすごしていられるのも、上記のようなことを心がけているおかげだと思いますし、若い方にもとても役立つ方法がたくさんあると思っています。
そういうことをシェアしたい、知ってもらいたいと、日々活動をしているわけですが、在住の東京だけでなく、今年になって移動しながら各地でも勉強会を開催しています。

私事ですが、老齢の母が高齢者介護施設のお世話になっていて、毎月、車で東京と実家のある福井を往復しています。
400キロを超える長距離移動ですが、車の運転はまったく苦にならないのです。
アレクサンダーテクニークや韓氏意拳のおかげで、長時間の運転でもあまり疲れません。

往復の道中で立ち寄れる地域にいる方が世話人になって、音読療法や共感的コミュニケーション、朗読やテキスト表現のワークを開催させていただいてます。
興味のある方は気軽にお声をかけていただければ、具体的な相談に乗ります。

10月の帰省は、行きも帰りも、共感カフェを名古屋と岐阜でそれぞれ開催することになりました。
お近くの方はどうぞご参加ください。
11月も帰り道の23日(木)に名古屋天白の〈アロマファン〉でテキストライティングのワークショップをおこなうことが決まっています。

11月は18日に豊田産業文化センターで語り人・小林さやかの公演のサポート出演があって、前日夜に豊田入りする予定ですが、その日の日中はまだ予定をいれてません。
東京=豊田のルート間で私をつかまえてなにかやってみたい人がいらしたら、気軽にお声がけください。

また12月はまだ移動予定が決まっていませんが、おそらく10日(日)に往路、13日(水)に復路というような予定になりそうです。

こちらもどうぞ気軽にご相談ください。

2017年9月28日木曜日

身体文章塾メンバーの知念さんが沖縄からやってきた

長らくジャズトランペッターの近藤等則さんのイベントを主催したり、サポートしている、沖縄在住の作家・知念満二氏が、「富士山と愛し合う」という近藤さんのイベントに参加するために本州にやってきたついでに、国立まで足をのばして、身体文章塾にリアル参加してくれた。
知念さんが来るというので、仲間が何人か集まって、リア充の身体文章塾(笑)と宴会になった。

知念さんの作品『七十一年目の帰郷』は大変話題になっていて、Kindleでも配信されているので、こちらから読むことができる

私は他人の作品を何千、何万と読んできた、いわば読み手のプロを自認している者で、人の作品を客観的に読むことにかけてはちょっとした自身がある。
しかし、『七十一年目の帰郷』については、不覚にも涙してしまったおぼえがある。
油断していたら出会い頭にえらい作品にぶつかってしまった感じだった。
本当に油断していた。

文章表現の技術とか、描写力とか、構成とか、いわゆる小説作法でいえばけっして完璧ではない。
というよりむしろ、瑕疵は多い。
しかし、そういうものを超える魅力があって、すべてを圧倒してこちらにインパクトを与えてくる。

ちょうどいま、山田風太郎の『甲賀忍法帖』という長編小説のオーディオブックを作っていたところだったのだが、この小説もストーリーも文章も破綻だらけで、いま読み返してみるとよくこんなものが出版されたものだとあきれる部分が多々ある。
が、いまなおこれが読まれつづけているにはわけがある。
破綻や瑕疵を超えて、圧倒的に山田風太郎という人の「文体力」が光をはなっていて、読む者はぐいぐいと引きつけられるのだ。

そういったテキストの魅力はどこから来るのだろうか。
それはテキストの持つ「存在感」であり、オリジナリティであろう。
では、テキストのオリジナリティはどこから来るのか。
ごく乱暴にいえば、そのことばのつらなり、チョイス、ストーリーが、書く人の「身体」から生まれているかどうかだろうと思う。

では、どうやればテキストに自分自身の「身体」やら「存在感」やら「生命活動」を「乗せる」ことができるのだろう。

そういうことを身体文章塾では探りつづけているし、また単発イベントの「テキストライティング」ワークショップでもさまざまなエチュードを用いて試みている。
まさに「頭」にばかり注意がのぼってしまった表現活動を、もう一度身体に取りもどし、足元まで注意を降下させて全体性を回復していく作業といっていい。

こういったことに興味がある方は、定期開催の身体文章塾もしくは単発のテキストライティング・
ワークショップに、一度参加してみてほしい。

自分とつながるテキストライティングWS(9.30)
いまの時代こそ表現の根本である「ことば」が重要であり、私たちは自分自身を語ることばを獲得する必要があります。それを模索するワークショップを9月30日(土)に国立およびオンラインで6時間にわたって、じっくりとおこないます。

2017年9月24日日曜日

YouTube:共感勉強会「OFNRのプロセスの目的」

2017年9月6日。
毎月1回、下北沢のカフェ〈かまいキッチン〉で開催している共感的コミュニケーションの勉強会で話したことから、抜粋でお送りします。

NVC(=Nonviolent Communication/非暴力コミュニケーション)では「OFNR」として知られる練習のプロセスがあります。
「Observation/Feeling/Need/Request」という4つのプロセスですが、これを練習する目的について、短く話しています。

映像はこちら

2017年9月23日土曜日

YouTube:共感勉強会「だれかが「自分につながる」ことを手伝う」

2017年9月6日。
毎月1回、下北沢のカフェ〈かまいキッチン〉で開催している共感的コミュニケーションの勉強会で話したことから、抜粋でお送りします。

人の話を共感的に聞く、というのは、その相手が「自分自身につながる」ことのお手伝いをする、といっていいでしょう。
こちらが聞き、受け取り、さらに相手のニーズを問いかけていく過程で、相手は自分自身をチェックし、自分が大切にしていることに気づき、そして行動の活力が生まれる、そのお手伝いをすることが、共感するということです。

映像はこちら

2017年9月22日金曜日

名古屋と岐阜で共感カフェを初開催

ご存知のとおり、私は毎月、東京・国立と北陸の実家を定期的に車で移動しています。
その途中に立ちよって、なにかワークをと呼びかけていたんですが、名古屋・天白区で古民家スペース〈アロマファン〉を開いてさまざまなワークやご自分のセッションをおこなっている水野生惠さんが声をかけてくれて、すでにボイスセラピー講座を開催させていただきました。

そのおなじアロマファンで、今度は共感カフェをやることになりました。
10月15日(日)午後です。

また、岐阜県各務原で〈カフェ花寧香〉をひらいている猫ヘンタイ・猫好きの白狼澪さんのところでも、共感カフェを開催することになりました。
こちらは10月19日(木)夜です。
いずれも初開催となります。

それぞれのご案内はつぎのとおりです。

アロマファン共感カフェ@名古屋・天白区(10.15)
古民家スペース〈アロマファン〉をひらいている水野生惠さんが世話人で、共感的コミュニケーション(NVC)の学びと、お互いを聞きあう練習をします。

花寧香(はなねこ)共感カフェ@岐阜・各務原(10.19)
猫ヘンタイ・猫好きの白狼澪さんが開いているかわいくて居心地のいいカフェで、オリジナルハーブティをいただきながら共感的コミュニケーション(NVC)について学びあいます。午後7時から約2時間。

来週ですが、〈カフェ花寧香〉の白狼澪さんの自宅でおもしろそうなワークショップをやるそうなので、ご紹介します。

------------
◎澪の家リノベーション再生計画 1回目

山納銀之輔さんによる【 麻漆喰の壁塗りワークショップ 】

『昔の子ども部屋を、大人の趣味空間にチェンジする』

介護してた亡父が他界して、築40年の家を継ぎました。
ようやく、ゆったり過ごせるときを味わうこともできるようになり、愛猫たちと、私の人生を歩んでゆく再出発地点です。

家の外観は綺麗になりましたが、ボロボロの壁や天井の塗り替えに、ご自分や、ご自分のまわりの住まいの壁も、健康的に生まれ変わらせたいと思ってる皆さんの手をお貸しください。

私が子どもの頃には、この家は、近所の人たちが集まって、カラオケ宴会をしたり、畑で野菜や花の苗を育てたりする賑やかな家でした。
いろいろあって、長く時間が止まってますが、叔母のピアノがあり、1人で住むには広い家。

昔のように、人が集い、行き来する、元気な笑い声の絶えない、おうちカフェに再生する計画です。

〈 作業工程 〉
スタイロフォーム貼り+漆喰塗りワークショップ

〈 日時 〉
9月27(水)・28(木)・29(金)
10時-16時
------------

というわけで、詳細がフェイスブックのイベントとして出ています。
興味がある方はこちらをどうぞ。

または澪さんに直接連絡してみてください。

 メール hakuroumi@gmail.com
 FAX 058-383-5733

10月19日の共感カフェもよろしくね!

2017年9月20日水曜日

かぎ針編みでツートンの小物ポーチ

麻紐でツートンのスマホポーチと眼鏡ポーチを作って、引っ掛けていっしょにぶらさげられるようにしてみた。
それが気にいって、見るたびににまにましてしまう。

ツートンカラーは麻紐の濃い色と薄い色を組みあわせただけ。
編み方も細編みと長編みの2通りだけ。
肩紐の部分はただの鎖編み。

ついでに Zoom Q2n というおもちゃみたいなデジタルムービーの入れ物も作ってみた。
こちら、ケースもなく、むき出しでカバンに入れていたので、ちょっと心配だった。
ポーチごとカバンに入れてもいいし、肩紐付きなのでぶらさげてもよし。

全部ツートン。 

2017年9月19日火曜日

富士見台でいきいき音読ケアワーク

富士見台の高齢者介護施設まで、新人音読トレーナーのまなみさんとふたりで、音読療法の「いきいき音読ケアワーク」に行ってきました。
今日はほぼ常連さんばかりで、いつもに増してなごやかな雰囲気でいきいきとワークが進み、みなさんばかりかこちらまで軽い運動をしたあとのような、活発な身体が残りました。

来月は27日の予定です。
音読療法に興味がある方の現場見学を歓迎します。
その場合は、事前にボイスセラピー講座を受講していただくことをお願いします。

そのあたりで音読カフェも開催するかもしれません。 

韓氏意拳・野上明宏教練の中級講習会に行ってきた

今年から中級の有資格者となり、中級講習会の受講資格を得ていたのだが、なかなかタイミングが合わず、これまで参加できていなかった。

韓氏意拳は他の武道のような段や級といった小刻みな資格区分はなく、初級と中級というおおまかな区分があるだけだ。
初級から中級に進むにあたっても、厳密な試験のようなものはなく、だいたい入会から3年以上経過した会員を対象に韓氏意拳学会が資格認定をすることになっている。

講習会に参加しても、初級の者も中級の者も、あるいは体験参加の方も、やることはすべておなじで、差別されることはない。
もっとも、私の体験では、指導者は個々の内容によって微妙に要求を変えているようなところがあって、これは実に精妙な指導方法だと私は感じている。
ある程度できるようになっても、さらにその少し上を常に要求されていて、いつも深い体認を求められる。
結局自分の問題なのだが。

初級の稽古体系は非常によくできていて、これだけやっていても十分に「使える」ようになるといわれている。
そして初級だけでもきっちりと、十分に深いレベルで稽古をつづけていくのは、かなり大変だ。
とてもシンプルな体系で、自分本来の運動の可能性を深く探り、練っていくことになる。
生活のなかで染みついてしまっている習慣や、方法や、考えを手放し、本来の自然生命現象から発生する身体運動を見ていく。

中級に参加してみてわかったのは、運動がシンプルそのものから、いくつか組み合わさった複雑さを含んだものになっていて、その分、より精密な全体性への注目が必要とされる。
先日の野上先生の講習会は、台風が近づいているということもあってか、少人数での開催となり、私にとってはラッキーだった。
とても丁寧に、わかりやすく、中級体系の冒頭から指導していただいた。

中級も初級とおなじく、形体訓練があり、站椿があり、試力がある。
ただし、それぞれすこしずつ、初級より複雑な内容になっている。

複雑なものを、体認できないまま無理に形をなぞっても、なんの意味もない。
稽古にすらならない。
そういうときは、いっそ、初級にもどって体認を深めたほうがいい。
一方で、中級体系というバリエーションを自主稽古のなかに取りいれられるのは、稽古の幅が大きくなったような気がしてありがたい。

私にはまだまったく中級の稽古をきちんとできるまで至っていないので、これから機会をとらえて中級講習会にも積極的に参加したいと思っている。
とはいえ、基本は初級の稽古であり、そこからはずれることはできない。
初級ですらまだまだ至らないところが多々ありすぎる。

2017年9月18日月曜日

麻ひものスマホポーチを編む

急に涼しくなって(今日は暑かったけど)、ふたたび編物シーズンがやってきた。
まずは手慣らしに、麻紐のスマホポーチ作りから。
自分用をまず一個作って、あとはどんどん人にあげる用を作る。
ツートンにしてみた。
けっこうかわいいじゃん。

昼は簡単にキャベツとツナのスパゲティ。
そして午後は共感セッションをギフト交換で。
タイ古式マッサージをしてもらって、気持ちよか。
全身のバランスが整った感じ。
ありがたや。